もりや耳鼻咽喉科

診療時間はこちら

診療時間はこちら

もりや耳鼻咽喉科

MENU

診療案内

Medical guidance

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎をおこす原因(抗原)は

通年性ではほとんどダニが原因で、季節性では花粉症です。初春のスギ・ヒノキのみならず、初夏にはカモガヤなどのイネ科花粉、秋にはイネ科花粉の他にブタクサ・ヨモギなどのキク科花粉が鼻症状のみならず眼症状・咽頭気管症状をおこします。
(詳しくは成書をご覧ください)

診察と検査

診断には、なによりもまず症状の経過を把握させていただくことが大切です。いつ頃からどのような鼻の症状があるのか、1日のうちで変化はあるのか、今回初めての症状か、例年ほぼ同時期にどう症状がおこるのか、他に目の症状、喉の症状などあるのか、を詳しく問診します。それから鼻鏡をもちいた鼻の診察をおこない、副鼻腔炎の合併が疑われるときは副鼻腔レントゲン検査を提案します。

当院では、鼻汁のアレルギー反応の有無を見る鼻汁好酸球検査、当日に抗原を同定できる測定キット(イムノファストチェック)などを備えております。診断治療上必要なときは私たちから提案いたしますが、ご希望の折はその旨院長もしくはスタッフにお気軽にご相談ください。

治療

適切な内服薬(抗アレルギー薬、漢方薬)、点鼻薬などを処方し、症状の安定した緩和を目指します。

 

当クリニックは、開設当初から免疫療法(減感作療法)に積極的に取り組んで来ました。現時点ではアレルギー性鼻炎の治癒を目指す唯一の治療法です。従来より皮内注射を継続する皮下免疫療法を継続しておりますが、数年前からは新しく保険収載された舌下免疫療法もおこなっております。皮下法・舌下法とも治療実績を有しておりますので、免疫療法をお考えの方はご相談ください。

 

外科的療法としては、サージトロン(電波メス)を用いた下甲介粘膜焼灼術を施行しています。施行しましても終生にわたる完全治癒とはなりませんが、通年性鼻炎の鼻づまりなどの鼻症状の長期緩解、スギ・ヒノキ花粉症の1シーズンの症状の緩解にはとても有効です。

アレルゲン免疫療法ナビ